事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

区分所有法の改正点に注意

公開日: : 最終更新日:2015/09/07 ビル・アパート , , , ,

相続アドバイザーの松原が担当しました「事案でわかる共有持分」として、大阪府枚方市の区分所有建物と土地共有持分をお持ちのK様の相談内容と解決内容をご紹介させていただきます。
ご相談内容
父と叔父が共同で購入した2世帯住宅が父の死去により、2階建て2世帯住宅(昭和55年築)の1階部分の部屋と土地1/2の権利(相続により)を持つことになりました。残りの権利は叔父が持っていましたが、叔父の事業の失敗により叔父の権利分に関し競売にかかり、第三者が取得することになりました。

第三者から私の持分を買い取りたいと申し入れがありましたが、私がもしこの話を断ったら第三者はどういう手段を講じてくるのでしょうか。
その後
ライン
ここがポイント
・区分所有と共有持分の違い
・第三取得者が取る手段は何が想定されるか。
ライン
解決までの流れ
昭和58年に区分所有法に関する改正があり、土地と建物を分離して処分はできないこととしました。

それ以前は、土地だけを専有部分と分離して処分することが可能だったということになりますので、本事案の建物は昭和55年築であり、区分所有法改正の適用外として扱われます。

また、共有持分である土地については「共有物分割請求」が可能となります。最悪のケースとしては第三取得者が土地について共有物分割請求訴訟を提起し、換価競売という判決が出てしまうと、土地部分がまた新たな第三者の所有ということになってしまいます。

かつ、建物部分は賃貸借契約も存在しないことから、借地権の適用条件に満たされないがために、建物は敷地利用権がないと判断され、新たな第三者の土地所有者から「建物収去命令」の申し立てが可能になり、結果的に、ご相談者様と当初の第三者間で建物を取り壊すことになってしまいます。

最悪、このような事態まで想定することができるので、今の第三者と合意の形成を図ることをお勧めします。

その後、ご相談者様と競売で落札した第三者との間で協議がもたれ、ご相談者様としては納得できる金額で第三者に売却することに至りました。

ライン
親族内での共有持分にお悩みの方、こちらをぜひご覧ください。

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

相続した共有物の時効取得アイキャッチ

相続した共有名義不動産の時効取得

私は、母から母が住んでいた不動産を相続しましたが、不動産が母の単独所有ではなく、母と叔父の共有名義(

記事を読む

持分の交換a

持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議により兄弟2人で相続を受け、各

記事を読む

交換

共有持分の交換は可能か

相続アドバイザー松原が担当しました「事例でわかる共有持分」として、栃木県宇都宮市共有持分をお持ちのY

記事を読む

ビル

空ビルの適正価格について

共有持分アドバイザー山田が担当しました「事例でわかる共有持分」として、静岡市清水区にあるビル共有持分

記事を読む

共同名義の不動産を一人が勝手に売れるのか?アイキャッチ

共同名義の不動産の売却について

共同名義の不動産を一人が勝手に売れるのか?A・B共同名義の甲土地があります。Aさんは甲土地を売却した

記事を読む

家

収益不動産が共有名義の場合に起こる3大トラブル

兄弟3人名義の収益アパートを神奈川県川崎市に所有しています。2年前に親から相続しましたが

記事を読む

耐震

耐震についての豆知識

こんにちは! 今日も一日頑張ってまいります! 共有持分アドバイザーの香月でございます。 今日は

記事を読む

困った

共有関係を解消したい(トラブルを回避)

母の持っていた奈良市のアパートを兄妹4人で相続。 平成20年1月に母が亡くなってアパー

記事を読む

贈与税

兄弟間の売買で贈与税?

相続アドバイザー松原が担当しました「事例でわかる共有持分」として、群馬県前橋市にあるアパート共有持分

記事を読む

訴訟

裁判(訴訟申立)するぞ!と言われたら・・・

共有持分アドバイザー高田が担当しました「事例でわかる共有持分」として、大阪市平野区にあるビル共有持分

記事を読む

共有部分のご相談なら!
要件事実
要件事実

意義:一定の法律効果が発生するために必要な具体的事実。※民事訴訟におい

贈与
負担付贈与

意義:贈与に負担が付いているもの。(負担付贈与)民法553条:「負担付

寄与分
寄与分

意義:寄与分とは、被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するよう

二重起訴(重複起訴)の禁止
二重起訴(重複起訴)の禁止

(重複する訴えの提起の禁止)民事訴訟法142条:「裁判所に係属する事件

弁論主義
弁論主義

意義:事実・証拠の収集を当事者の権能と責任に委ねるという原則のこと。<

→もっと見る

PAGE TOP ↑