事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

公開日: : 最終更新日:2017/10/20 用語集 , ,

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であるとき、又は同一の事実上及び法律上の原因に基づくときは、その数人は、共同訴訟人として訴え、又は訴えられることができる。訴訟の目的である権利又は義務が同種であって事実上及び法律上同種の原因に基づくときも、同様とする。」

共同訴訟は、原被告どちらか一方が複数いる場合がこれに当たります。

例えば、同じ事件の被害者等は共同訴訟を提起することができます。
共同訴訟の中でも必要的共同訴訟については、共同訴訟でなければ原告被告適格がなく裁判ができません(数人が共同してはじめて当事者適格が認められる訴訟)。

共同訴訟

(必要的共同訴訟)
民事訴訟法40条1項:「訴訟の目的が共同訴訟人の全員について合一にのみ確定すべき場合には、その一人の訴訟行為は、全員の利益においてのみその効力を生ずる。」
同条2項:「前項に規定する場合には、共同訴訟人の一人に対する相手方の訴訟行為は、全員に対してその効力を生ずる。」
同条3項:「第一項に規定する場合において、共同訴訟人の一人について訴訟手続の中断又は中止の原因があるときは、その中断又は中止は、全員についてその効力を生ずる。」

共有物に関する訴訟はこの必要的共同訴訟とされます。
すなわち、共有(共同所有)関係自体が訴訟物になる場合、例えば、共有関係自体の確認請求、共有地についての境界確定訴訟は、固有必要的共同訴訟です。

要するに、原被告どちらかで裁判に関わっていればよいということです。

必要的に共同訴訟とされる理由は、それぞれ違う訴訟を提起し、矛盾するような判決が出てしまうことを防ぐためです。
例えば、A訴訟では現物分割、B訴訟では換価競売と同じ共有物に関する訴訟で異なる判決が出てしまうとその後は混乱してしまいます。

そこで、共有者全員で訴訟をして下さい。ただ、原告側被告側どちらでも可!ということです。

 

 <必要的共同訴訟の特徴>

・最初から共同訴訟として提起しない限り、訴えが不適法として却下されます。
・共同訴訟人の1人の訴訟行為は、全員にとって有利なものは全員に効力が生じますが、不利なものは全員が揃ってしない限り効力が全く生じません。
・自白、請求の放棄、請求の認諾は、共同訴訟人全員が行わなければ効力が発生しません。
・共同訴訟人が訴えを取り下げるときは、共同訴訟人全員が共同で訴えの取下げをする必要があります。
・共同訴訟人の相手方の訴訟行為は、1人に対してなされたものでも、共同訴訟人全員に対して効力が発生します。
・共同訴訟人の1人について、手続の中断・中止の原因があるときは、共同訴訟人全員について訴訟の進行が停止されます。
・共同訴訟人を別々の訴訟に分けるような弁論の分離は認められません 

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

熟慮期間a

熟慮期間(相続系)

意義:単純承認 相続放棄 限定承認するには相続の開始を知ったときから3ヵ月以内にする必要があり、これ

記事を読む

卑属、尊属a

卑属、尊属

意義:卑属とは血縁関係において、その人に後続する世代にある者。   尊属とは親等の上で父母と同列か、

記事を読む

共有部分

建物区分所有権(マンション法)

マンションや集合住宅の場合のエレベーター等の修理の場合費用負担等はどうなるのか。通常マンション棟の規

記事を読む

用途地域アイキャッチ

用途地域とは

意義:住居、商業、工業など市街地の大枠としての土地利用を定める地域のことです用途地域は第一種低層住居

記事を読む

相続人不存在アイキャッチ

相続人不存在

相続人不存在意義:被相続人が死亡したが、その者の相続財産を相続する者がいない場合をいいます。被相続人

記事を読む

無権代理アイキャッチ

無権代理

意義:代理権がないにもかかわらず、代理行為がされること1、無権代理の原則代理権が無いにもかかわらず代

記事を読む

相続放棄アイキャッチ

相続放棄とは

意義:相続放棄とは、相続の効果を拒否する相続人の単独行為です。民法938条:「相続の放棄をした者は、

記事を読む

%e5%85%b1%e6%9c%89%e6%8c%81%e5%88%86%e3%81%ae%e6%b1%ba%e3%82%81%e6%96%b9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

共有持分の決め方

土地を何人かで購入しようとしていますが、各人の土地持分はどのようにきめるのですか?各人が負担した費用

記事を読む

相続能力アイキャッチ

相続能力(特に胎児)

相続能力(特に胎児)意義:相続人となることができる一般的資格のこと相続人は、相続開始時点つまり被相続

記事を読む

代襲相続アイキャッチ

代襲相続

意義:本来、相続人となるべき相続者が、相続開始前に死亡または相続欠格・相続排除により相続権を失った者

記事を読む

共有部分のご相談なら!
要件事実
要件事実

意義:一定の法律効果が発生するために必要な具体的事実。※民事訴訟におい

贈与
負担付贈与

意義:贈与に負担が付いているもの。(負担付贈与)民法553条:「負担付

寄与分
寄与分

意義:寄与分とは、被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するよう

二重起訴(重複起訴)の禁止
二重起訴(重複起訴)の禁止

(重複する訴えの提起の禁止)民事訴訟法142条:「裁判所に係属する事件

弁論主義
弁論主義

意義:事実・証拠の収集を当事者の権能と責任に委ねるという原則のこと。<

→もっと見る

PAGE TOP ↑