事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

相続分の譲渡

公開日: : 最終更新日:2017/10/19 相談事例, 豆知識 , ,

qaiconq

相続分の譲渡とは何ですか?

解説

意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分の相続分を他の相続人や第三者に譲渡することを言います。

遺産を早くもらいたい、遺産相続問題に巻き込まれたくないという場合に相続分譲渡という方法がとられます。

民法905条:「共同相続人の一人が遺産の分割前にその相続分を第三者に譲り渡したときは、他の共同相続人は、その価額及び費用を償還して、その相続分を譲り受けることができる」。

直接的な根拠条文は存在しませんが、上記民法905条が遺産の分割前にその相続分を第三者に譲り渡したときと規定していることから、相続分の譲渡を民法は想定しているといえます。

相続分の譲渡を受けた相続人は、譲渡を受けた分だけ相続分が増加します。
相続分の譲渡は有償でも無償でも可能とされています。

「相続分譲渡」はあくまで「相続分」を譲渡するだけですので、相続人としての身分・地位は引き続き持っています。

たとえ相続分譲渡をしても、債務の連帯責任を負う必要がありますので、注意が必要です。

※相続放棄であれば、相続人としての地位を放棄するため債務も免れられます。
したがって、相続分譲渡をしても被相続人の借金の債権者から返還請求をされたら応じなければなりません。

相続分の譲渡

<相続分を譲渡する方法>
相続分譲渡するには当事者間で契約により譲渡をします。
その契約の様式は自由で、口頭でも契約をすることが可能です。
ただ、後のトラブルを防ぐためにも契約は書面で交わす方が良いといえるでしょう。

<相続分が第三者に譲渡された場合>
第三者に相続分譲渡がされた場合、その譲受人が相続人としての地位を手に入れることになり、下記のような行為ができるようになります。

・遺産分割協議に参加(意見することも当然できます)
・譲渡された相続権の譲渡
・譲渡された相続分に従い、被相続人の遺産を受取ることができる
・譲渡された相続分のみ不動産の移転登記が単独できる

このように相続人としての地位が与えられますが、他の相続人からしたら、良い気はしないこともあるでしょう。

そこで他の相続人は相続分を譲り受けた者を排除することができます。
上記にも出てきましたが…

 (相続分の取戻)
民法905条:「共同相続人の一人が遺産の分割前にその相続分を第三者に譲り渡したときは、他の共同相続人は、その価額及び費用を償還して、その相続分を譲り受けることができる。」
同条2項:「前項の権利は、一箇月以内に行使しなければならない。」

相続分を取り戻せるのは譲渡されてから1ヶ月以内であり、相続分に相当する金額を支払わなければなりません。

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

雨漏り

経費(管理)分担に応じてくれない共有者がいる時の対処法

A、B、Cが家を共有しています。 雨漏りがひどいので修理することになり、修繕しましたがその代金(総額

記事を読む

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのようにすべきか結論が出ません。「いっ

記事を読む

制限行為能力者と遺産分割a

制限行為能力者と遺産分割

父が死亡し土地を3人で相続しました。ただ、一番下の弟がまだ未成年で、このような場

記事を読む

1722fb06d773118f81cd8982e13907ad_s

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリット

不動産共有名義は相続による場合、または夫婦がマイホーム購入時に共同名義にする場合など、この2パターン

記事を読む

地目が畑の場合共有持分の処分

地目が畑の場合共有持分の処分

地目が畑の場合共有持分は売却できますか?地目変更をすれば処分することができます。土地というのは、用途

記事を読む

特別受益の持ち戻しa

特別受益の持ち戻し(特別受益者の相続分)

ABの父親が亡くなり、相続財産は本件土地(時価1000万円)のみです。 Aは遺産分割協議が整う前に自

記事を読む

後妻と前妻との子の共有トラブルa

後妻と前妻との子の共有トラブル

Aには亡き妻との間に2人の子供BCがいました。その後、AはDと再婚し、その半年後Aは死亡しました。

記事を読む

不動産の共有相続のデメリットa

不動産の共有相続のデメリット

不動産を共同相続した場合のデメリットとは? 【詳細解説】

記事を読む

チェックa

共有物分割の競売判決に基づいて競売を申し立てる場合の必要な書類

共有物分割の競売判決に基づいて、競売を申し立てる場合にはどのような書類を提出する必要がありますか?共

記事を読む

強制買収制度

「強制買取」制度・共有不動産に関する費用と債権について

各共有者は、その持分に応じて共有物の管理費用を支払い、共有物に関する負担をしなければならない(民法2

記事を読む

共有部分のご相談なら!
要件事実
要件事実

意義:一定の法律効果が発生するために必要な具体的事実。※民事訴訟におい

贈与
負担付贈与

意義:贈与に負担が付いているもの。(負担付贈与)民法553条:「負担付

寄与分
寄与分

意義:寄与分とは、被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するよう

二重起訴(重複起訴)の禁止
二重起訴(重複起訴)の禁止

(重複する訴えの提起の禁止)民事訴訟法142条:「裁判所に係属する事件

弁論主義
弁論主義

意義:事実・証拠の収集を当事者の権能と責任に委ねるという原則のこと。<

→もっと見る

PAGE TOP ↑