事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

遺留分を意識した遺言の作り方

公開日: : 最終更新日:2017/10/18 相談事例 , ,

qaiconq

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がいいとアドバイスを受けましたが、どうしてでしょうか。

qaicona

遺留分を侵害した遺言書を作ると、遺留分を侵害されている法定相続人から遺留分減殺請求を起こされ、もめごとになってしまう可能性があるためです。

遺留分を意識した遺言の作り方

※遺留分とは?
遺言書の内容にかかわらず、相続人は遺産の一定割合を取得できる権利があり、この取得できる割合のことを遺留分と言います。

■こちらのページもご覧ください
遺留分とは

(遺留分の帰属及びその割合)
民法1028条:「兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。
一  直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の三分の一
二  前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一」

とあります。

例えば、遺言者が「妻に全財産を相続させる」旨の遺言書を作ったとしても上記の条文の割合でそれぞれが遺留分を持つため、遺留分をよこせと主張されてしまい、揉める可能性があるのです。
ただ、遺留分減殺請求権は行使するか否かは遺留分権者の自由ですし、放棄することもできるため、遺留分を超えた遺言書を作成した場合、その通りに行く可能性もあります。
とはいえ、相続でトラブルにならないようにするためには、遺留分を侵害しない遺言書を作ることが一つのポイントです。

また、遺留分を侵害するような遺言を作成する場合であっても、遺留分減殺請求が行使されることを想定しておくとよいでしょう。
例えば、遺留分減殺の順序(A不動産の売却代金から遺留分減殺は行う、また、B預金から遺留分減殺を行う等)を遺言書で指定しておくと良いでしょう。

いずれにせよ、遺言書ひとつで残された相続人たちが揉めてしまい、後々にトラブルの火種を残してしまう可能性があります。
遺言書を作成する際は、その点も見据えた上で、作成する必要があります。
自身で作成する場合、法律の要件の欠落により、そもそも遺言書として認められない可能性もあります。
専門家に相談し作成する、また公正証書遺言を作成することで、自身の希望また残される相続人のトラブルを可及的に防止することができます。

遺留分を意識した遺言の作り方2

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

兄弟間でのトラブルa

兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝手に自宅を売りに出しています。

記事を読む

共有者の感知しないところでの共有持分の売却a

共有者の感知しないところでの共有持分の売却

ABCで共有(3分の1ずつの持ち分)の家屋甲があり、ここにはBCが住んでいました。 ところが、Aは自

記事を読む

遺産分割共有物分割請求アイキャッチ

遺産分割と共有物分割請求訴訟

遺産分割と共有物分割請求訴訟の関係遺産分割(調停・審判)と共有物分割請求訴訟の関係は? どのような場

記事を読む

共有名義a

共有の土地をお金に換金する方法

共有状態の土地がありますが、現金化、それもなるべく高く現金化する方法はないでしょうか?1、3つの主な

記事を読む

亡き夫の母親と妻・子のトラブルa

亡き夫の母親と妻・子のトラブル

AはBと結婚し、子が一人Cがいます。ABはAの母親甲と同居しており、(1)生前母親甲は自分の唯一の息

記事を読む

特別受益の持ち戻しa

特別受益の持ち戻し(特別受益者の相続分)

ABの父親が亡くなり、相続財産は本件土地(時価1000万円)のみです。 Aは遺産分割協議が整う前に自

記事を読む

相続発生時の注意点

相続発生時の注意点

被相続人Aには相続人BC(いずれもAの子)がいました。Aは生前事業を行っていましたが、家族には内緒に

記事を読む

共有不動産の分割協議

共有者間で共有不動産の分割協議がまとまらない。

現在、土地をABCがそれぞれ持ち分3分の1ずつで共有していますが、共有者間で共有地の分割協議がまとま

記事を読む

一部分筆a

共有の一部分割

共有の一部分割(参考:最高裁判所昭和62年4月22日)兄弟ABCで父の土地を相続し、遺産分割協議で、

記事を読む

地目が畑の場合共有持分の処分

地目が畑の場合共有持分の処分

地目が畑の場合共有持分は売却できますか?地目変更をすれば処分することができます。土地というのは、用途

記事を読む

共有部分のご相談なら!
要件事実
要件事実

意義:一定の法律効果が発生するために必要な具体的事実。※民事訴訟におい

贈与
負担付贈与

意義:贈与に負担が付いているもの。(負担付贈与)民法553条:「負担付

寄与分
寄与分

意義:寄与分とは、被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するよう

二重起訴(重複起訴)の禁止
二重起訴(重複起訴)の禁止

(重複する訴えの提起の禁止)民事訴訟法142条:「裁判所に係属する事件

弁論主義
弁論主義

意義:事実・証拠の収集を当事者の権能と責任に委ねるという原則のこと。<

→もっと見る

PAGE TOP ↑