事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

⑬不動産の共有名義人の一人が「行方不明」の場合は?

img_cccfceac91e0329e12591f20039f362d632344[1]前回は、借地権の売却において、地主に承諾を拒否された場合について解説しました。今回は、不動産の共有名義人の一人が「行方不明」の場合の対応について見ていきます。

共有名義不動産の売却には共有者全員の同意が必要

書籍『あぶない!!共有名義不動産』第二章で取り上げた【事例17】のケースでは元夫が行方不明だったために、Qさんは「持分を売却できるのだろうか」と不安を抱いていましたが、自分の持分だけを売却するのであれば、共有者が行方不明であっても問題はありません。

それに対して、持分のみではなく不動産のすべてを売却したい場合に、共有者の中に行方不明者がいるようなケースでは別の考慮が必要となります。

共有名義不動産を売却する際には、前述のように共有者全員の同意が必要になります。同意していない共有者が1人でもいれば売却することはできません。

すると、共有者の中に行方不明者がいる場合には、その者の同意を得ることができない以上、他のすべての共有者が同意をしていたとしても不動産を売ることができないことになります。このような場合には、どうすればよいのでしょうか。

まず、住民票などを手がかりに追跡調査を行って行方不明となった共有者を探し出すことも考えられますが、探偵でもない一般の人が簡単に見つけられるかどうかは疑問です。

 

そこで、行方不明になった共有者がどうしても見つからない場合に、不動産を売却するための方法について触れておきましょう。

 

共有者が行方不明なら不在者財産管理人を選任

まず、不在者財産管理人の制度を利用することにより、共有者が行方不明のままでも不動産の売却を行うことが可能となります。

不在者財産管理人とは、行方不明者の財産を管理するために家庭裁判所によって選任される者です。この制度を利用するためには、不在者の配偶者、相続人にあたる者、債権者等の利害関係人もしくは検察官の申立てが必要となります。

その際、以下の書類を裁判所に提出しなければなりません。

 

[不在者財産管理人申立て必要書類]

●申立書

●不在者の戸籍謄本(全部事項証明書)

●不在者の戸籍附票

●財産管理人候補者の住民票または戸籍附票

●不在の事実を証する資料

●不在者の財産に関する資料(不動産登記事項証明書、預貯金及び有価証券の残高がわかる書類〈通帳写し、残高証明書等〉等)

●申立人の利害関係を証する資料(戸籍謄本〈全部事項証明書〉、賃貸借契約書写し、金銭消費貸借契約書写し等)

 

不在者財産管理人の権限は、①財産の保存行為、②性質を変えない範囲での利用・改良行為、に限られており、これらを超える行為を行う場合には、家庭裁判所の許可を得る必要があります。

そのため、不動産を売却する際には、不在者財産管理人の選任を経て、さらに家庭裁判所にその許可を求めなければなりません。

 

>>次の記事 ⑭行方不明の共有者…「失踪宣告」の申立てを活用した不動産売却を読む

>>前の記事 ⑫借地権の売却・・・地主の承諾が得られない場合の対応を読む

本記事は、2017年5月26日刊行の書籍『あぶない!!共有名義不動産』から抜粋したものです。稀にその後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

img_4bf6beb1bc32a2ee03efa72bba1f039c655934[1]

⑩共有名義の収益不動産…賃料を独り占めされた場合の対応

前回は、不動産の共有名義を解消する「7つの方法」の概要を取り上げました。今回は、共有名義の収益不動産

記事を読む

img_d488290251c66b5191dc9cb18a7de892456044[1]

⑭行方不明の共有者…「失踪宣告」の申立てを活用した不動産売却

前回は、不動産の共有名義人の一人が「行方不明」の場合の対応を解説しました。今回は、「失踪宣告」の申立

記事を読む

img_103c9f7a9c8a46a967547f6200e4381f309231[1]

⑨不動産の共有名義を解消する7つの方法

前回は、「持分の交換」により不動産の共有名義を解消する方法を解説しました。今回は、不動産の共有名義を

記事を読む

img_83f9e2c1b779823092764b82c7e9a04a31820[1]

④共有不動産の「持分」を売却できない典型的なケースとは?

前回は、共有名義不動産の一部売却における、買い手の選び方を解説しました。今回は、共有不動産の「持分」

記事を読む

img_1516540ab27837d44494877c5bb0ab9188905[1]

⑧「持分の交換」により不動産の共有名義を解消する方法

前回は、共有物分割請求訴訟で「現物分割」の判決が出ないケースについて取り上げました。今回は、「持分の

記事を読む

img_a24412ef31ff85bc6e9b8fbbb346c2d655112[1]

⑫借地権の売却・・・地主の承諾が得られない場合の対応

前回は、共有名義の収益不動産に関して、他の持分を第三者に取得された場合について解説しました。今回は、

記事を読む

img_ab18282c19b6b0408a1d490dbfb9e689490869[1]

⑯共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方

前回は、共有不動産の鑑定評価について解説しました。今回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士

記事を読む

img_7e689b815d88e0f801da947235696a3526889

①問題の多い共有名義不動産…解決手段の1つ「全部売却」とは?

相続等によって生まれる「共有名義不動産」をめぐるトラブルは、後を絶ちません。本記事では、共有名義を解

記事を読む

img_166e09b1e2d49e0049ec395c602d426088662[1]

⑤共有不動産の「持分」を放棄する際のメリットとデメリット

前回は、共有不動産の「持分」を売却できない典型的なケースを紹介しました。今回は、共有不動産の「持分」

記事を読む

img_cddf3b8eb9ea75e2f34275a172170633598901[1]

⑮共有不動産の鑑定評価・・・具体的な「3つの方法」とは?

前回は、不動産の共有名義人の一人が「行方不明」の場合の対応について解説しました。今回は、不動産の鑑定

記事を読む

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑