事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

動機の錯誤

公開日: : 最終更新日:2017/09/28 用語集 , , ,

民法95条:「意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。」

例えば、Aが100万円で不動産を買うと言ったにも関わらず、Bが1,000万円と勘違いして売ると意思表示した場合などが錯誤です。
錯誤の要件として、「法律行為の要素に錯誤」とあります。
「要素」とは、その錯誤がなければ、その意思表示はなかっただろうと考えられるほど重要な部分のことをいいます。

♦参考判例:大判3年12月15日判決
判旨:「その錯誤が無かったならば、その法律行為をしなかったであろう」と一般的に認められる場合をいう。

ライン

この要素は2つに分かれます。
①表示の錯誤
 上記例は表示の錯誤に当たります。
②動機の錯誤
 意思と表示は一致しているが、そもそもの動機で勘違いしている場合。

例えば、Aが家を建てるための土地を探していたとします。
土地の周辺には数年後新しい駅が開設される予定で、それを見越して土地を購入したとします。
ところが、新駅開設がなくなってしまいました。
新駅開設の事実がないと分かっていたら買わなかったので、動機の部分で勘違いしていた、というわけです。
これが、動機の錯誤です。

そのような動機の錯誤により錯誤無効を認めると、相手方は不測の損害を被ってしまいます。
つまり、「勘違いだったので、契約を無効にしてください。」と常に認めてしまうと相手方はたまったものではありません。
そこで…

♦参考判例:大判3年12月15日判決
判旨:「動機が黙示または、明示に表示され、法律行為の内容なった時に限り法律行為の内容の錯誤となる」としています。

つまり、動機の錯誤は、その動機を明示するか黙示の表示がなければ錯誤無効を主張できないことになります。
※「明示」とは相手方に言葉や書面などではっきり伝えることです。
※「黙示」とは暗黙のうちに意思や考えを表すこと。

動機の錯誤

こちらのページもご覧ください

錯誤

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

主物、従物、附合物a

主物、従物、附合物

主物、従物、附合物意義: 主物:その常用に供するために、従物が付属させられている物従物:主物の利用を

記事を読む

%e5%85%b1%e6%9c%89%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e3%81%ae%e6%8a%b5%e5%bd%93%e6%a8%a9%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

共有不動産の抵当権設定について

共有関係の土地・建物に抵当権が設定された場合について ①土地持分に抵当権が設定された場合  AB共有

記事を読む

家

共同所有の形態(共有・総有・合有)

共有 数人がそれぞれ共同所有の割合としての持ち分を有して、1つの物を所有すること。 ①

記事を読む

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

住宅ローン控除とは

 住宅ローン控除意義:住宅ローン控除は、正式には「住宅借入金等特別控除」といい、税制上、税額控除のひ

記事を読む

不当利得a

不当利得

意義:契約などのような法律上の原因がないにもかかわらず、本来利益が帰属すべき者の損失と対応する形で利

記事を読む

特別代理人a

特別代理人

意義:本来の代理人が代理権を行使することができない(代理人の破産など)又は不適切な場合(利益相反行為

記事を読む

job_kanrinin

区分所有権とは

意義:マンションやオフィスビルなどのように、1棟の建物の中に独立した複数の住居や店舗、事務所などがあ

記事を読む

錯誤a

錯誤

意義:表示行為から推測される表意者の意思と真意が一致せず、表意者自身がそのことについて気づいていない

記事を読む

債権者代位権a

債権者代位権

民法423条:「債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。」

記事を読む

根抵当権アイキャッチ

根抵当権

意義:ある不動産を担保とした時、この不動産を担保に「上限額(極度額)」と「債権の種類」を決め、この範

記事を読む

PREV
第三者詐欺
NEXT
共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑