事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

占有

公開日: : 用語集 , ,

占有

意義:占有権→物に対する事実上の支配という状態そのもの

ライン

【詳細解説】

民法180条:「占有権は、自己のためにする意思をもって物を所持することによって取得する。」

 占有そのもの自体を法は保護しようというのが占有権になります。

※所有権との違い

所有権とは所有する者が法令の制限内において、その所有物を直接的・全面的に支配して、使用・収益・処分をする権利をいいます。

それに対して、占有権とは人が物に対して事実上支配する状態を認める権利

例:賃貸アパートについて所有権があるのは大家さんで、占有権があるのは賃貸契約をしてそこに暮らしている住民という場合

占有権

※占有者からの訴え

民法197条:「占有者は、次条から第二百二条までの規定に従い、占有の訴えを提起することができる。他人のために占有をする者も、同様とする。」

占有保持の訴え
民法198条:「占有者がその占有を妨害されたときは、占有保持の訴えにより、その妨害の停止及び損害の賠償を請求することができる。」

占有保全の訴え
民法199条:「占有者がその占有を妨害されるおそれがあるときは、占有保全の訴えにより、その妨害の予防又は損害賠償の担保を請求することができる。」

占有回収の訴え
民法200条:「占有者がその占有を奪われたときは、占有回収の訴えにより、その物の返還及び損害の賠償を請求することができる。」

とあります。

所有権がなかったとしても、占有が侵害されそうな場合や現に侵害されている場合には占有の訴えを提起することができます。

ライン

※ポイント

占有にはこのような条文がありますが、実は所有権との関係では上記のような訴えの条文はないのです。

当然、実務上は認められていますが、その根拠として占有でさえ訴えが認められるのだから、所有権にも同種の訴えは認められてしかるべきという考えがもとにあります。

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

特別代理人a

特別代理人

意義:本来の代理人が代理権を行使することができない(代理人の破産など)又は不適切な場合(利益相反行為

記事を読む

過失相殺a

過失相殺

過失相殺意義:被害者が損害賠償請求をするとき、被害者にも過失があった場合、裁判所が被害者の過失に応じ

記事を読む

家

分割請求(共有物分割請求権)

民法256条1項本文:「各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができる。…」とあります。 共

記事を読む

卑属、尊属a

卑属、尊属

意義:卑属とは血縁関係において、その人に後続する世代にある者。   尊属とは親等の上で父母と同列か、

記事を読む

時効援用a

時効(援用、中断)

時効の援用:時効の制度を利用する意思を相手に伝えること。時効の中断:時効期間の進行を中断させることが

記事を読む

譲渡担保アイキャッチ

譲渡担保

譲渡担保意義:債務者または第三者(物上保証人)の財産の所有権その他の財産権を担保として債権者に譲渡し

記事を読む

熟慮期間a

熟慮期間(相続系)

意義:単純承認 相続放棄 限定承認するには相続の開始を知ったときから3ヵ月以内にする必要があり、これ

記事を読む

家

共同所有の形態(共有・総有・合有)

共有 数人がそれぞれ共同所有の割合としての持ち分を有して、1つの物を所有すること。 ①

記事を読む

請求書

共有物の管理方法について

共有している家の屋根が雨漏りしています。修理代金等はどうすればよいのでしょうか?共有状態の場合各共有

記事を読む

連帯債務a

連帯債務

意義:数人の債務者が、同一の内容の債務について、独立して全責任を負う債務。民法432条:「数人が連帯

記事を読む

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑