事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

相続欠格

公開日: : 最終更新日:2017/03/31 用語集 , ,

相続欠格

意義:相続資格がある者が被相続人や他の相続人の生命や遺言行為に対して、故意の侵害をした場合に、相続権を失わせること

解説

相続人となることができるのは、子・直系尊属または兄弟姉妹、それに配偶者です。

ただ、これらの人であっても一定の事由がある人については相続人としての資格が剥奪される場合があります(相続人となることが出来なくなります)。

民法891条をまとめると…

①故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者

(※刑に処せられた者とあるので、有罪判決が出なければ該当しません)

②被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。

③ 詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者

④ 詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者

⑤ 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

となっています。

まとめると、自分に相続分が増えるように犯罪のような行動をとる場合です。

相続欠格

<相続欠格の効果>

  相続欠格があると、欠格者は相続の対象になりません。

 そうするとその相続分は他の相続人に行くことになります。 ※ただ、欠格者に直系卑属(子供)がいる場合には、代襲相続の対象となり、欠格者の子が相続することになります。

相続開始後に欠格事由が発覚した場合、相続開始の時に遡って相続資格を失うことになります。

すでに、遺産分割がなされてしまっている場合、他の相続人はその欠格者に対して相続回復請求をすることになります。 

 相続欠格廃除
要件①故意に被相続人、先順位、同順位の相続人を死亡させ、または死亡させようとして刑に処せられた者
②被相続人が殺害された事を知りながら告訴・告発しなかった者
③詐欺・強迫により被相続人の遺言作成、取り消し、変更を妨げた者
④被相続人の遺言書を偽造・変造・破棄・隠匿した者
①被相続人に対する虐待・侮辱及びその他の著しい非行
②被相続人・遺言執行者が家庭裁判所に廃除の請求
③廃除の審判
効果・法律上当然に失格
・相続開始後に欠格事由が発生した時は、効果は相続開始時にさかのぼる
・欠格の効果はその相続に限り
・代襲相続の原因となる
・審判確定により遡及的に失格
・廃除の効果はその相続に限り
・代襲相続の原因となる
共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

物権的請求権アイキャッチ

物権的請求権

物権的請求権意義:物権の円満な状態を妨害、または妨害されるおそれがある場合に、権利者が一定の行為を請

記事を読む

%e7%94%a8%e8%aa%9e%e9%9b%86%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

分筆(登記)とは

分筆(登記)意義:「登記簿上2つの土地に分けることをいいます。」 ※対義語は合筆登記簿上の変更をせず

記事を読む

%e7%94%a8%e8%aa%9e%e9%9b%86%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

利害関係人とは?

利害関係人意義:利害関係人とは、一定の法律上の行為、行政庁の処分、人の地位などについて、その直接の当

記事を読む

相続能力アイキャッチ

相続能力(特に胎児)

相続能力(特に胎児)意義:相続人となることができる一般的資格のこと相続人は、相続開始時点つまり被相続

記事を読む

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

住宅ローン控除とは

 住宅ローン控除意義:住宅ローン控除は、正式には「住宅借入金等特別控除」といい、税制上、税額控除のひ

記事を読む

遺言(特別方式遺言)

遺言(特別方式遺言)

1、死亡の危急に迫った者の遺言民法976条1項:「疾病その他の事由によって死亡の危急に迫った者が遺言

記事を読む

連帯債務a

連帯債務

意義:数人の債務者が、同一の内容の債務について、独立して全責任を負う債務。民法432条:「数人が連帯

記事を読む

%e6%8c%81%e5%88%86%e3%81%ae%e6%94%be%e6%a3%84%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

共有持分の放棄

持分の放棄とは?持分の放棄とは、共有者の一人が自己の持分を放棄することです。民法第255条:「共有者

記事を読む

job_kanrinin

区分所有権とは

意義:マンションやオフィスビルなどのように、1棟の建物の中に独立した複数の住居や店舗、事務所などがあ

記事を読む

正当防衛

(民法上の)正当防衛及び緊急避難

民法720条1項:「①他人の不法行為に対し、②自己又は第三者の権利又は法律上保護される利益を防衛する

記事を読む

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑