事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

相殺(そうさい)

公開日: : 最終更新日:2017/02/27 用語集 , , ,

意義:債務者が自己の債務と同種の債権を,自己の債権者に対して有する場合,その債権と債務 を対等額で消滅させること

解説

具体例AがBから100万円借りていました。
AはBに200万円で車を売りました。
BはAに100万円を貸しているので、それは今回の車の代金と相殺して、100万円を返せばよいとすることを相殺といいます。

相殺

相殺できる場合
民法505条:「二人が互いに同種の目的を有する債務を負担する場合において、双方の債務が弁済期にあるときは、各債務者は、その対当額について相殺によってその債務を免れることができる。」
①「二人が互いに」債務を負担すること
②双方の債権が「同種の目的」を有すること
③「双方の債務が弁済期にある」こと が必要です。

上記要件を満たしていても相殺の許されない場合があります。
(1)民法505条2項:「…当事者が反対の意思を表示した場合には、適用しない。」
(2)民法509条:「債務が不法行為によって生じたときは、その債務者は、相殺をもって債権者に対抗することができない。」
(3)民法510条:「債権が差押えを禁じたものであるときは、その債務者は、相殺をもって債権者に対抗することができない。」
以上の場合は、相殺ができません。

例えば(2)の不法行為による場合では、不法行為の程度が違うから、もっと相手に不法行為を与えて対等額にしようとすることを防ぐため(不法行為の助長を防ぐ)また、現実の損害賠償をする音が救済につながるとして禁止されています。
なお被害者側からの相殺は可能です。

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

手付金a

手付け

意義:手付金は、契約締結時に売主に一旦預けて、売買代金を全額支払う際に、売主から返還してもらう金銭の

記事を読む

みなし財産a

みなし財産とは

遺産分割における分配の前提となる「みなし相続財産」とは何ですか?厳密に言えば相続財産ではないが、相続

記事を読む

自己破産a

破産(自己破産など)

意義:自己破産とは、裁判所に申立し、財産を処分し、債権者に分配して、借金を免除してもらう方法です。破

記事を読む

認知a

認知

意義:法律上の婚姻関係によらず生まれた子を、その父または母が自分の子だと認める行為民法779条:「嫡

記事を読む

熟慮期間a

熟慮期間(相続系)

意義:単純承認 相続放棄 限定承認するには相続の開始を知ったときから3ヵ月以内にする必要があり、これ

記事を読む

私道持分アイキャッチ

私道持分とは

私道持分とは意義:私道持分とは、道路(私道)に接している土地所有者が、各々その道路に対しての持分があ

記事を読む

占有権a

占有

占有意義:占有権→物に対する事実上の支配という状態そのもの【詳細解説】民法180条:「占有権は、自己

記事を読む

相続放棄アイキャッチ

相続放棄とは

意義:相続放棄とは、相続の効果を拒否する相続人の単独行為です。民法938条:「相続の放棄をした者は、

記事を読む

離婚a

離婚(財産分与など)

現行法上、離婚の種類は…①協議離婚②調停離婚③審判離婚④裁判離婚(裁判上の離婚)に分けられます。1、

記事を読む

相続欠格アイキャッチ

相続欠格

相続欠格意義:相続資格がある者が被相続人や他の相続人の生命や遺言行為に対して、故意の侵害をした場合に

記事を読む

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑