事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

共有持分の底地権(底地権を相続を想定)

公開日: : 最終更新日:2017/07/18 借地権, 土地 , , ,

qaiconq

Bは借地権が設定されている土地(底地権)を兄Aと相続しましたが、利用できませんし、現金化する方法はないでしょうか。

共有持分の底地権(底地権を相続を想定)

qaicona

兄に買い取ってもらうことや自己の持分を売却する方法が考えられます。

1、底地権を共同相続した場合の、問題点。

 底地権を共同相続した場合の、問題点を考えてみましょう。

①1つの土地に対し複数の権利(借地権と底地権)がある点

②1つの権利を複数人で所有している点(相続人らによる底地権の共有)

上記の点から、土地の権利に様々な法律上の制約(利用面、処分面)が生じ、その結果、市場性がなくなり、資産価値が低くなるのです。

したがって、問題を解決に導く方向性としては、上記2点を解消させる方向が望ましいと言えます。

ライン

2、具体的解決方法

 上記2点を解決する方法としては、例えば、「底地の売却」「共有関係の解消」などが考えられます。

①底地を売却

 底地を借地人等に買い取ってもらうことで換価する方法が考えられます。

 ※借地人売却する場合は当然、借地人が承諾しなければ売却できません。

 こちらに関しては共有物の処分に該当するため、兄Aの同意も必要になる点には注意が必要です。

 民法251条:「各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、共有物に変更を加えることができない。」

②共有関係の解消

 Bとしては共有持分を売却する、放棄する、Aに買い取ってもらう等の方法が考えられます。

 共有持分は、自己の持分に関しては他の共有者の許可なく処分(売却等)することが出来ます。

 仮に兄Aが買い取っても良いなどの事情がある場合には、共有持分を買い取ってもらい換価する方法が考えられます。

  ※但し、兄弟間の売買などで、売買価額が近隣相場と比較してあまりにも低額の場合には贈与とみなされてしまう場合がありますので注意が必要です。

  その場合は贈与税が課される場合があります。

 

底地に関して詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

貯金箱

持分比率以上の面積を要求してくる姉に困っている

父が2年前に亡くなり60坪の土地を私たち姉妹2人が相続しました。 父からの遺言書を基に各2

記事を読む

底地でも売れますか?

土地持分として相続されたケースの相談および解決内容

こんばんは! 今日も朝からバタバタとしましたが、一日もあっと言う間に終わってやっと、パソコンの前に座

記事を読む

216

共有不動産の持分を処分する方法は?

例えば甲不動産(土地)をABがそれぞれ土地持分を2分の1ずつで共同所有していますが、共有を解消したい

記事を読む

一部分筆a

共有の一部分割

共有の一部分割(参考:最高裁判所昭和62年4月22日)兄弟ABCで父の土地を相続し、遺産分割協議で、

記事を読む

共有持分の競売アイキャッチ

共有持分の競売

共有持分が競売にかけられているのをたまに目にしますが、買う人がいるのですか?不動産のブローカーが買っ

記事を読む

適正価格を鑑定

共有持分の底地権買取り

相続アドバイザー松原が担当しました「事例でわかる共有持分」として、京都市左京区の底地権共有持分をお持

記事を読む

家の模型

土地共有持分と建物区分所有の交換

共有持分アドバイザー山田が担当しました「事例でわかる共有持分」として、兵庫県神戸市にあるビル区分所有

記事を読む

不動産の共有者が行方不明アイキャッチ

不動産の共有者が行方不明な場合の共有持分売却

AとBは土地を共同所有していました。Aはその土地を売ろうと考えていましたが、Bがどこにいるのかわから

記事を読む

土地は買うが、建物は買い取らない!?

土地は買うが、建物は買い取らない!?

相続アドバイザー松原が担当しました「事例でわかる共有持分」として、北海道帯広市の共有持分をお持ちのS

記事を読む

相続に伴う共有持分と借地契約a

相続に伴う共有持分の譲り受けと、その後の借地契約について

Bは地主Aから甲土地を借りて小売店を経営しています。地主Aが亡くなり相続人がA1とA2の二人がいるよ

記事を読む

共有部分のご相談なら!
要件事実
要件事実

意義:一定の法律効果が発生するために必要な具体的事実。※民事訴訟におい

贈与
負担付贈与

意義:贈与に負担が付いているもの。(負担付贈与)民法553条:「負担付

寄与分
寄与分

意義:寄与分とは、被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するよう

二重起訴(重複起訴)の禁止
二重起訴(重複起訴)の禁止

(重複する訴えの提起の禁止)民事訴訟法142条:「裁判所に係属する事件

弁論主義
弁論主義

意義:事実・証拠の収集を当事者の権能と責任に委ねるという原則のこと。<

→もっと見る

PAGE TOP ↑