事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

利害関係人とは?

利害関係人

意義:利害関係人とは、一定の法律上の行為、行政庁の処分、人の地位などについて、その直接の当事者ではないものの、法律上の利害関係を有する者のことを言います。

ライン

 

解説

例えば

民法952条:「…家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって、相続財産の管理人を選任しなければならない。」

とあります。

また、共有物不分割特約(共有物を分割できないようにする特約)と登記上の利害関係人については、

共有関係に不動産について、

①共有持分に抵当権を有している者

②共有持分に対する差押債権者が利害関係人に当たるとされています。

 

 

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

認知a

認知

意義:法律上の婚姻関係によらず生まれた子を、その父または母が自分の子だと認める行為民法779条:「嫡

記事を読む

自己破産a

破産(自己破産など)

意義:自己破産とは、裁判所に申立し、財産を処分し、債権者に分配して、借金を免除してもらう方法です。破

記事を読む

贈与

負担付贈与

意義:贈与に負担が付いているもの。(負担付贈与)民法553条:「負担付贈与については、この節に定める

記事を読む

表見代理アイキャッチ

表見代理

意義:本人側に何らかの落ち度があり、相手方が代理権がないにもかかわらず、本人の代理人として振る舞う者

記事を読む

共有部分

建物区分所有権(マンション法)

マンションや集合住宅の場合のエレベーター等の修理の場合費用負担等はどうなるのか。通常マンション棟の規

記事を読む

動機の錯誤

動機の錯誤

民法95条:「意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失

記事を読む

弁論主義

弁論主義

意義:事実・証拠の収集を当事者の権能と責任に委ねるという原則のこと。<弁論主義の3つのテーゼ>①主張

記事を読む

家

分割請求(共有物分割請求権)

民法256条1項本文:「各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができる。…」とあります。 共

記事を読む

要件事実

要件事実

意義:一定の法律効果が発生するために必要な具体的事実。※民事訴訟において、各当事者は、自分に有利な法

記事を読む

破産管財人a

破産管財人

意義:破産法の破産手続において、破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利を有する人のことです。破

記事を読む

共有部分のご相談なら!
要件事実
要件事実

意義:一定の法律効果が発生するために必要な具体的事実。※民事訴訟におい

贈与
負担付贈与

意義:贈与に負担が付いているもの。(負担付贈与)民法553条:「負担付

寄与分
寄与分

意義:寄与分とは、被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するよう

二重起訴(重複起訴)の禁止
二重起訴(重複起訴)の禁止

(重複する訴えの提起の禁止)民事訴訟法142条:「裁判所に係属する事件

弁論主義
弁論主義

意義:事実・証拠の収集を当事者の権能と責任に委ねるという原則のこと。<

→もっと見る

PAGE TOP ↑