事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

共有持分・準共有・保存行為(共有者の保存行為を想定)

公開日: : 用語集 , ,

①共有持分

意義:複数の人が一つの物を共同で所有しているとき、それぞれの人がその物について持っている所有権の割合を「共有持分」といいます。 解説:持分は合意、または法律の規定(民法900条等)で決まりますが、それが明らかでない場合は均等と推定されます(同法250条)。 共有者は持分に応じて共有物全部の使用ができます(同法249条)。 共有物の保存行為は単独でできます(同法252条但書)が、管理行為は過半数で決し(同法252条)、その費用は持分に応じて負担することになります(同法253条)。 ※保存行為:共有物の現状を維持する行為      各共有者が単独で出来ます。 管理行為:目的物の利用・改良行為      持分価格の過半数で決めます。 変更行為:共有物の性質もしくは形状またはその両者を変更すること       全員の同意が必要です。

概念意義具体例要件
保存行為共有物の現状を
維持する行為
・目的の修繕
・腐敗しやすい物の売却
・共有物の侵害に対する妨害排除請求
・不法占拠者に対する返還請求
各共有者が単独で出来る
管理行為目的物の利用・改良行為・物全部の賃貸借契約の解除
・共有地の地ならし
持分価格の過半数で決める
変更行為共有物の性質もしくは
形状またはその両者を変更すること
・山林の伐採
・田を畑にする行為
・物全部の売買契約の
締結
・解除
共有者全員の同意が必要

共有物全部の処分は全員一致でなければなりませんが、持分の処分は自由です。
共有物の分割は協議により(同法256条)、協議が調わないときは裁判所に請求する(同法258条)ことになります。

 

②準共有

意義:複数の者がひとつの物の所有権を有する場合を共有、所有権以外の財産権を共有する場合を準共有(民法264条)といいます。 解説:所有権の場合は共有と呼ばれますが、それ以外の財産権の場合には準共有といいます。  基本的には共有の規定がそのまま適用されます(共有と同じ)。  具体例としては、用益物権、担保物権、賃借権、著作権、特許権、鉱業権があります。  ※用益物権の具体例、地上権,永小作権,地役権および入会権  ※担保物権の具体例、抵当権

③保存行為(共有者の保存行為を想定)

 管理行為の一種で、財産の価値を現状の状態で維持するための行為  共有物の現状を維持する行為で、各共有者が単独でできます。  ※管理行為と変更行為 管理行為:目的物の利用・改良行為        持分価格の過半数で決めます。 変更行為:共有物の性質もしくは形状またはその両者を変更すること       全員の同意が必要です。

家

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

不在者財産管理人a

不在者財産管理人

意義:不在者の財産の管理・保存を行う者民法25条:「従来の住所又は居所を去った者(以下「不在者」とい

記事を読む

相続財産管理人a

相続財産管理人

意義:家庭裁判所から選任され、相続人のあることが明らかでない相続財産の管理を行う者のこと民法951条

記事を読む

離婚a

離婚(財産分与など)

現行法上、離婚の種類は…①協議離婚②調停離婚③審判離婚④裁判離婚(裁判上の離婚)に分けられます。1、

記事を読む

第三者詐欺a

第三者詐欺

意義:詐欺を行なったのが取引などの相手方ではなく、第三者が詐欺を行なう場合のこと民法96条1項:「詐

記事を読む

財産分離a

財産分離

意義:相続人の債権者、あるいは相続債権者及び受遺者には、自己の権利を守るため、相続財産と相続人固有の

記事を読む

相続人不存在アイキャッチ

相続人不存在

相続人不存在意義:被相続人が死亡したが、その者の相続財産を相続する者がいない場合をいいます。被相続人

記事を読む

占有権a

占有

占有意義:占有権→物に対する事実上の支配という状態そのもの【詳細解説】民法180条:「占有権は、自己

記事を読む

賃貸借の解除

賃貸借の解除(遡及効なしの点)

民法545条1項:「当事者の一方がその解除権を行使したときは、各当事者は、その相手方を原状に復させる

記事を読む

連帯保証アイキャッチ

連帯保証・連帯保証人とは

連帯保証(人)とは、保証債務を負う人をいい、保証と異なり、検索の抗弁、催告の抗弁が無いものをいいます

記事を読む

法人の権利能力・行為能力

法人の権利能力・行為能力

民法34条:「法人は、法令の規定に従い、定款その他の基本約款で定められた目的の範囲内において、権利を

記事を読む

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑