事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキング

公開日: : 最終更新日:2016/12/06 豆知識 ,

通常、共有名義の不動産を売却するとき全員の同意が必要です。 しかしながら必ずしも最後まで共有者全員の意思が同じとは限らないことから、自己持分のみ売却する方が最近増えています。 数名で共有する不動産には特定の持分権者しか住んでいなかったりします。 (※共有者全員が対象不動産に住んでいることは非常に少ないです) ほとんどの共有者たちは共有状態を解消したいと考えておりますが、親族間であるがゆえの解決の難しさが見え隠れします。

持分売却理由ランキング

1.とにかく共有関係を解消したい。60% 2.自分の代で終わらせたい。20% 3.現金化したい。20% 「自分の共有持分を処分したい」場合、で他の共有者が自分の持分を適正価格で買い取ってくれれば問題ないのですが「買取価格」の面で折り合いが困難といわれています。その理由は親族だからです。 できるだけ高く自己持分を売りたい方と他方持分を安く吸収したい親族の利害は相反します。 例えば対象物件に住んでいる長男に次男が持分売却を持ちかけると、 次男:“適正価格で俺の持分を買ってくれ”と言います。 長男:“弟なんだから兄貴に安く売れ” “無償でよこせ”と言ってきたりします。   誰もが親族間の争いを避け円満解決(相続手続き)を望みますが、兄弟たちにしか分からないいろんな事情や感情が芽生えたりするもので、共有物分割手続きは簡単ではありません。  

あなたが他の共有者の持分を全部取得したい時は?

対象不動産の利用状況にもよりますが、あなたが強く他の共有者の持分を全部取得したいのなら、下記要件が整うことを条件にそれも可能です。

・特定の一人が持分全部を取得することが相当であること。・買受け価格が適正評価であること。・全部取得者の資力(支払い能力)があること。・共有者全員が実質的公平であること。 ※一番大切なのは買い取る場合の価格が適正であること!!(不動産鑑定書など依頼)

【合わせて読んでいただきたい記事】

ライン ご相談ください

まずは安心できる持分売却の専門家に相談してください!

共有名義や共同名義の不動産等でお悩みではありませんか? 私たちは、共有持分の扱いの実績が豊富な弁護士、不動産鑑定士、司法書士、税理士と連携することで売却から新しい一歩までを安心して任せていただける体制を整えています。 お問い合わせでは、「相続した共同名義の不動産で親族でもめている」「離婚したので共有名義の不動産を売却したい」等の共有持分と関連した相談を毎日いただいております。 共有名義・共同名義の不動産は、共有者の同意なしに売却できます。 ただし売却するには経験豊富な不動産会社に依頼する必要があります。 相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。 ご相談者様のお時間、要望に沿って打ち合わせはさせていただきます。 また「親族に内緒で売却したい」「早く現金化したい」といったご要望もぜひお聞かせください。 携帯、スマホは0120-224-021←クリックでお電話につながります朝9時〜20時まで。 つながらない場合は、03-3281-0021 ←こちらから「共有持分の件で電話した」とお話しいただければ折り返しお電話を差し上げます。

  • 電話で相談
  • フォームで相談

共有部分のご相談なら中央プロパティーにお任せください!
共有部分のご相談なら!

関連記事

ハンコ

共有名義・共同名義の土地や不動産売却には共有者全員の同意は不要

共有名義や共同名義の不動産を売却したいが共有者全員の同意が必要ですか?という問合せをよくいただきます

記事を読む

不動産の共有者が行方不明アイキャッチ

不動産の共有者が行方不明な場合の共有持分売却

AとBは土地を共同所有していました。Aはその土地を売ろうと考えていましたが、Bがどこにいるのかわから

記事を読む

5913.¼Æ±¶¯ÌßÙ,º°Ë°

共有者の持分放棄による登記方法

共有者の一人がその持分を放棄して他の共有者に帰属する場合、共有者の登記方法 (持分抹消登記ではな

記事を読む

困った2

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有持分のみを売却できるのはわかりましたが、その持分だけの不動産を買う人はどんな方々?そして購入した

記事を読む

家

不動産持分を夫婦で共有しているケース【離婚前】

離婚協議中(離婚前)の不動産共有持分の売却には注意!! 夫婦共有名義でお持ちの不動産持分の売却には

記事を読む

1561

共有持分って?

共有持分とは何か…単に複数人で共同所有(共同名義・共有名義)している場合だけではなく、親族の死亡によ

記事を読む

相続した共有物の時効取得アイキャッチ

相続した共有名義不動産の時効取得

私は、母から母が住んでいた不動産を相続しましたが、不動産が母の単独所有ではなく、母と叔父の共有名義(

記事を読む

%e6%8c%81%e5%88%86%e3%81%ae%e6%94%be%e6%a3%84%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

共有持分の放棄

持分の放棄とは?持分の放棄とは、共有者の一人が自己の持分を放棄することです。民法第255条:「共有者

記事を読む

契約締結上の過失a

契約締結上の過失

意義:契約締結の段階またはその準備段階における契約締結を目指す一方当事者の過失のこと【詳細解説】本来

記事を読む

?

建物の共有持分権の過半数で締結された。 賃貸借契約について

A(持分3分の1)、B(持分3分の2)は甲建物を共有していました。BがCに対して同建物を単独で賃貸し

記事を読む

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑