競売になっても住み続けることは可能!?

   

相談事例

マンション

作成日:2014.12.24

競売になっても住み続けることは可能!?

コンテンツ番号:541

共有持分アドバイザー香月が担当しました「事例でわかる共有持分」として、山口県下関市のマンション共有持分をお持ちのK様の相談内容と解決内容。

ご相談内容

相続で自宅(マンション)の共有持分を姉と持つことになりました。

姉は嫁いでいるので、自宅は私と家族で住んでいます。

8年前にリストラの煽りを受け、計数百万のマンションの管理費・修繕積立金を滞納してしまうことになり、マンション管理組合から自宅を差し押さえられ競売を申し立てられる事態になりました。

任意売却のことを知りましたが、競売前に自宅を売って、滞納している管理費等を支払っても手元にはお金は残るとは思いますが、引越しに伴い、子供の学区の問題もあるし、なにより、共有持分がある姉の了承も必要になってきます。

何とか、住み続けられる方法はないものでしょうか。

■ここがポイント

・競売落札後、残りの共有持分はどうなってしまうのか。
・マンション管理組合との交渉により、請求金額の減免は可能か。

解決までの流れ

自宅の市場価格を調査しましたが、ご相談者様の共有持分のみを売却すれば管理費等を全額返済できると判明しました。

結果、マンション管理組合と交渉を行い、滞納利息を免除していただいた金額で合意が取れ競売の取り下げ、また、投資家による買取り金額を差し引いても、お手元にお金も残すことができました。

お姉さまの共有持分も残すことができ、投資家(買主)へ家賃相場の半額のみをお支払していただくことでご契約させていただきました。

解決までの流れ

競売に至っても、最後まであきらめず、まずは、専門家に相談することが大事ですね。

ご相談者様の笑顔が忘れられませんでした。

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリットとは?

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキングを公開!

みんなが知りたがる“共有持分3つの質問” (いくらで売れる?誰が買う?買ってどうするの?)
共有名義不動産(共有持分)とは?

その他の記事

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!