内容証明郵便について

   

相談事例

内容証明郵便とは

コンテンツ番号:488

内容証明郵便とは何ですか?

【詳細解説】

内容証明郵便とは

「内容証明郵便」とは、「いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、証明する制度」です。

この内容証明で証明できるものは「内容文書の存在」であり、文書の「内容が真実であるか否か」を証明するものではありません。

内容証明郵便の効果は主には2つです。

① 証拠力を得る効果

法的な効果が発生する重要な知の証拠を残したい場合には、内容証明郵便は最適です。

② 心理的圧力を加える効果

内容証明郵便には、法的な強制力はないのですが、強い決意や態度だと感じてもらえ、心理的な圧力を与えられる可能性があります。

※参考日本郵政URL:https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/

内容証明郵便の具体例

・借家契約の家賃請求や解約、家主死亡の通知

・借地契約関係の通知

・クーリングオフの通知

・債権回収の督促状、
・時効により債権消滅の通知

・債務免除

・債権譲渡の通知

・債権の時効中断 

等があげられます。

例えば、債権譲渡の通知に関して、民法では以下のように規定しています。

(指名債権の譲渡の対抗要件)

民法467条1項:「指名債権の譲渡は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。」


この通知は、内容証明郵便で行われることが通常です。

 

内容証明郵便は形式が決まっているので、何でもかんでも内容証明郵便として送れるわけではありません。

また、形式に則している同一の文書が3通必要になります。

①郵便局保管
②差出人の保管
③実際に送付

 

内容証明郵便自体は誰でも出すことができますが、重要な際に出すことが多いものです。

書き方ひとつで状況が変わってしまう可能性もありますので、専門家のチェックはしてもらった方が良いでしょう。

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリットとは?

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキングを公開!

みんなが知りたがる“共有持分3つの質問” (いくらで売れる?誰が買う?買ってどうするの?)

その他の記事

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!