上手な専門家の選び方

   

フリーダイヤル

お問合せ

相談事例

作成日:2019.03.18

相続登記に不慣れな司法書士

コンテンツ番号:422

ご相談内容

先日相続登記を司法書士にお願いしたところミスをしてしまったと言われました。
専門家にもかかわらずこのようなことはあるのでしょうか。

司法書士の業務とは?

司法書士と聞いてあなたはどんなことができるとイメージしますか?
弁護士と似ているような…でも違うのは何となくわかるけど、大きくどう違うかははっきりとまでは…

では、司法書士の業務の範囲について規定する司法書士法をご紹介いたします。

(業務)

司法書士法第3条:「司法書士は、この法律の定めるところにより、他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行うことを業とする。

一 登記又は供託に関する手続について代理すること。

二 法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類又は電磁的記録(中略)を作成すること。ただし、同号に掲げる事務を除く。

三 法務局又は地方法務局の長に対する登記又は供託に関する審査請求の手続について代理すること。

四 裁判所若しくは検察庁に提出する書類又は筆界特定の手続(中略)において法務局若しくは地方法務局に提出し若しくは提供する書類若しくは電磁的記録を作成すること。

五 前各号の事務について相談に応ずること。

六 簡易裁判所における次に掲げる手続について代理すること。…」

主には「登記」や「公的な書類」に関する業務が中心となります。

似たイメージのある弁護士は主には「訴訟」が専門になります。同じ法律と言っても扱う分野が違ってくるのです。

司法書士の業務とは?

専門家でも得意・不得意はある

登記に関する業務と一言で言っても、多くの種類があります。 

不動産登記、商業登記、法人登記、船舶登記、動産登記…

そのため、司法書士だからと言ってすべての登記事項に精通しているとは限りません。

相続における登記も同様です。

専門分野が法人や会社の場合、相続登記に関してはそこまで取り扱ったことのない司法書士もいます。

登記は、自己の権利を第三者に主張する大切な制度です。

専門家だと思って安心して任せたとしても…というケースが考えられます。

 

当社では、不動産や相続に精通した司法書士が複数おります。

売却だけではなく、その後の手続きのことまで、手厚くサポートさせて頂きますので、ご安心ください。

共有持分の売却査定

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリットとは?

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキングを公開!

みんなが知りたがる“共有持分3つの質問” (いくらで売れる?誰が買う?買ってどうするの?)
共有名義不動産(共有持分)とは?

その他の記事

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有持分の専門家(弁護士)

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お客様相談室お客様相談室

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

無料相談

相談の流れ

相談の流れ

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!