センチュリー21中央プロパティー

   

フリーダイヤル

無料相談

相談事例

作成日:2019.01.15

買取業者と仲介業者の違い

コンテンツ番号:391

ご相談内容

共有持分の売却を考えていますが、買取専門業者に売却するのと、仲介専門業者に売却するのとではどちらがよいですか?

買取業者について

買取業者は自社で共有持分を買い取り、第三者に転売し、その差額を利益とします。

そのため、買取価格をできるだけ安くしようとしてきます。

買取業者について

一方、買取業者を利用する場合には、直接契約の当事者となって買取りをするため、買い取ってもらうまでの期間は比較的短いとは言われています。


また、仲介ではないため仲介手数料がかからないのがメリットと言えます。

買取業者を利用する場合のメリット、デメリットを整理すると… 

①メリット

早く買い取ってもらえる可能性がある

②デメリット

売却価格が安い

仲介業者について

それでは、仲介業者を利用する場合はどうでしょうか。

仲介業者を利用する場合は、仲介業者は直接の契約当事者とはならないため、客観的に査定をしてくれる可能性が高いです。

仲介業者について

すなわち、買取専門業者に比べて高く売却できる可能性が高くなります。

デメリットとしては、売却までの期間が長い、仲介手数料がかかるがあげられます。

メリットデメリットを整理すると

①メリット

売却価格が高い
②デメリット

売却までの期間が長い

仲介手数料がかかる

結局どちらに?

利益を得ることを目的として持分を購入しているという意味では、投資家も変わりありません。

しかし、投資家が持分を購入する場合には、一般に不動産仲介業者が間に入ることになり、仲介業者は不動産鑑定士の評価に基づいて設定された価格を投資家に提示します。

つまり、投資家との間で持分の売却が行われる場合には、中立的な第三者によって価格の妥当性・公正性が保証されているわけです

また、仲介業者を利用すると買取までの期間や、換金できるまでの期間が長いという話を耳にしますが、決してそんなことはありません。

当社は仲介業者として共有持分の仲介を数多く行ってきましたが、10日もあれば、売却、換金までできるケースが多いです。

また、仲介手数料がかかると言われますが、売却価格が高くなるので、買取専門業者に売却したケースと比較して、全体的にはかなりのプラスになるケースがほとんどです。

「とにかく1秒でも、1分でも、少しでも現金を!」という状態ではない限り、仲介業者を利用して、共有持分の処分を検討する方がよいでしょう。

実際に買取業者と仲介業者の両者に売却の相談や査定の相談をしてみるのもよいかもしれません。

共有持分の売却査定

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリットとは?

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキングを公開!

みんなが知りたがる“共有持分3つの質問” (いくらで売れる?誰が買う?買ってどうするの?)
共有名義不動産(共有持分)とは?

その他の記事

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有持分の専門家(弁護士)

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お客様相談室お客様相談室

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

無料相談

相談の流れ

相談の流れ

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!