センチュリー21中央プロパティー

   

相談事例

作成日:2018.10.22

遺留分減殺請求と遺留分の放棄

コンテンツ番号:353

ご相談内容

遺留分侵害額請求(旧遺留分減殺請求)と遺留分の放棄って何ですか?

遺留分及び遺留分侵害額請求(旧遺留分減殺請求)とは

(1)遺留分とは

「一定の相続人のために、相続に際して法律上取得することが保障されている遺産の一定の割合・権利のことをいいます。」

遺留分及び遺留分侵害額請求(旧遺留分減殺請求)とは

(2)遺留分侵害額請求(旧遺留分減殺請求)とは

「遺留分を侵害された者が贈与又は遺贈を受けた者に対し、相続財産に属する不動産や金銭などの返還を請求すること」

※以前は遺留分減殺請求という制度でしたが、2019年7月1日に遺留分侵害額請求に改正され新制度となりました。両者の違いですが、遺留分減殺請求の時代は現物を返還するよう求めるのが原則でしたが、遺留分侵害額請求については、原則として金銭(現金)の支払いを請求することができるようになっています。

  • □2019年6月30日以前に発生した相続⇒旧法の規定による遺留分制度(減殺請求)が適用されます。
  • □2019年7月1日以後に発生した相続⇒新法の規定による遺留分制度(侵害額請求)が適用されます。

遺留分の放棄・遺留分侵害額請求(旧遺留分減殺請求)について

(1)遺留分の放棄については民法にこのような条文が存在します。

(遺留分の放棄) 

民法1043条1項:「相続の開始における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けたときに限り、その効力を生ずる。」

同条2項:「共同相続人の一人のした遺留分の放棄は、他の各共同相続人の遺留分に影響を及ぼさない。」

相続の開始「前」における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受ければ、放棄ができます。

逆を言えば、相続開始「後」であれば、相続人の自らの意思で遺留分も放棄することができます。

 

通常相続人のうちが相続放棄をすると、他の相続人の相続分は増えますが、遺留分についてはそのようなことはありません。

兄が遺留分を放棄したからと言って、弟がその兄の遺留分までを得られないことになります。

それを明記しているのが民法1043条2項になります。

 

※~発展~相続の開始「前」における遺留分の放棄について

相続開始前の遺留分の放棄については、家庭裁判所の許可がいるとありますが、申請すれば必ず認められるわけではありません。

以下の3つを満たさなければ家庭裁判所は遺留分の放棄の許可をしてくれません。

①遺留分の放棄が本人の自由意志に基づく
②遺留分放棄に合理的な理由と必要性の存在

③遺留分放棄に対して、恩恵(見返り)があること

実際に審判の申したてた書類には、住所などの必要事項に加えて上記の趣旨を書く欄があります。
(※参考URL:http://www.courts.go.jp/vcms_lf/280612iryuubunnhouki.pdf

また、遺留分の放棄が認められてしまうと、原則撤回はできませんので、放棄をする際はよく考えてからにしましょう。

※なお、合理的な理由があれば撤回が認められる場合はあります。

※以上参考URL(最高裁判所ホームページ):http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_26/index.html



(2)遺留分侵害額請求(旧遺留分減殺請求)

 (遺留分侵害額の請求)

民法1046条:「遺留分権利者及びその承継人は、受遺者(特定財産承継遺言により財産を承継し又は相続分の指定を受けた相続人を含む。以下この章において同じ。)又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができる。」

 

これは遺留分が侵害されている場合にその侵害されている「遺留分を金銭で返せ!」(誤植の修正)ということができる権利です。

 例えば、亡き父が愛人に不動産を遺言で相続させたとします。その土地の価値は1000万円ですが、具体的に遺留分の侵害は500万円という場合に、その500万円を相続人は愛人に対して金銭で支払えと主張することができます。

 ※旧遺留分減殺請求では、金銭ではなく、現実にその不動産を返せという制度でした。

 (遺留分侵害額請求権の期間の制限)

民法1048:「遺留分侵害額の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。」

何も権利を行使しないと権利は消滅してしまうので、注意が必要です。

共有持分の売却査定

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリットとは?

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキングを公開!

みんなが知りたがる“共有持分3つの質問” (いくらで売れる?誰が買う?買ってどうするの?)
共有名義不動産(共有持分)とは?

その他の記事

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有持分の専門家(弁護士)

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お客様相談室お客様相談室

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

無料相談

相談の流れ

相談の流れ

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!