センチュリー21中央プロパティー

   

フリーダイヤル

無料相談

相談事例

作成日:2017.06.13

共有の一部分割

alt共有の一部分割

コンテンツ番号:2630
(参考:最高裁判所昭和62年4月22日)

兄弟ABCで父の土地を相続し、遺産分割協議で、3分の1ずつ共有の登記をしました。
そのうち、Cだけが急にお金が必要になり、「土地を分筆してくれ」と言い出しました。どうやら、Cは分筆後、第三者に売る予定だそうです。
このようにABは共有のままでCの持ち分3分の1だけ分筆するということは可能でしょうか。

alt共有の一部分割

解説

民法256条:「各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができる。」

とあるように、各共有者は他の共有者に対して「いつでも」共有物の分割を請求することができます。
また…

民法258条:「共有物の分割について共有者間に協議が調わないときは、その分割を裁判所に請求することができる。
同条2項:「前項の場合において、共有物の現物を分割することができないとき、又は分割によってその価格を著しく減少させるおそれがあるときは、裁判所は、その競売を命ずることができる。」

とあるように、協議が整わない時は裁判所の手を借りて分割をすることができます。
しかし、その分割の方法までは法律に規定がありません。
本件のように一部分割をすることが許されるのでしょうか。

参考になる判例を紹介します。

♦参考判例①:最高裁判所昭和62年4月22日
判旨:「…現物分割をするに当たつては、当該共有物の性質・形状・位置又は分割後の管理・利用の便等を考慮すべきであるから、持分の価格に応じた分割をするとしても、なお共有者の取得する現物の価格に過不足を来す事態の生じることは避け難いところであり、このような場合には、持ち分の価格以上の現物を取得する共有者に当該超過分の対価を支払わせ、過不足の調整をすることも現物分割の一態様として許されるものというべきであり、また、分割の対象となる共有物が多数の不動産である場合には、これらの不動産が外形上一団とみられるときはもとより、数か所に分かれて存在するときでも、右不動産を一括して分割の対象とし、分割後のそれぞれの部分を各共有者の単独所有とすることも、現物分割の方法として許されるものというべきところ…」

♦参考判例②:最高裁平成4年1月24日判決
判旨:「多数の共有不動産について、民法二五八条により現物分割をする場合には、これらを一括して分割の対象とすることも許されること、また、共有者が多数である場合には、分割請求者の持分の限度で現物を分割し、その余は他の者の共有として残す方法によることも許されることは、当審の判例の判示するところであり、その趣旨に徴すれば、分割請求をする原告が多数である場合においては、被告の持分の限度で現物を分割し、その余は原告らの共有として残す方法によることも許されると解するのが相当である。」

としています。
判例では、現物分割の場合、綺麗に分けられない場合もあり、そのような場合は金銭の支払いによって調整することができるとしている点も重要です。
本件の場合上手く3分の一ずつ分筆できない場合も考えられ、そのような場合は過不足を金銭の賠償によって調整するようにしています。
また、一部の共有者が現物分割により離脱し、その余は原告らの共有として残す方法によることも許されるとしています。

本件だと…
C側から共有物分割請求として、土地の3分の2をABの共有とし、Cを残余地の単独の所有者とする方法(一部分割)も可能になります。
また、持ち分の価格以上の現物を取得する共有者には、超過部分の対価を支払わせる方法を裁判所が命じることもできます。
たとえば、土地の形状の関係で、Cが、3分の1の価格以上の現物を取得する場合は、Cは、ABに超過分の支払いをすることになります。
また、AとBの側からも、上記一部分割の方法により、Cの共有関係からの排除を裁判所に請求することもできます。

共有持分の売却査定

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリットとは?

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキングを公開!

みんなが知りたがる“共有持分3つの質問” (いくらで売れる?誰が買う?買ってどうするの?)
共有名義不動産(共有持分)とは?

その他の記事

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有持分の専門家(弁護士)

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お客様相談室お客様相談室

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

無料相談

相談の流れ

相談の流れ

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!