センチュリー21中央プロパティー

   

フリーダイヤル

無料相談

相談事例

作成日:2018.01.09

共有持分を売却しない方がいい場合→親族間での共有で、うち一人が共有持分を売却したい(売却のリスク等を想定)

相続によって所有した共有持分を売却するリスクとは

コンテンツ番号:236

私(A)は現在自分の共有持分を売却するか悩んでいますが、売った方が良いのかというご相談です。

事実関係を簡単に説明しますと…

私(A)は3人兄弟の末っ子(長男:B,次男:C)で、1年前に両親が事故で亡くなり、遺産分割をしている余裕もないことから、実家の土地と家を取り急ぎ共同所有(他の財産も)としていました。

その後、落ち着いてきたこともあり、共有の財産をどのようにするか兄弟で話し合いをしています。現在、両親が住んでいた家に私と次男が住み続けていますが、最近、長男から「自分の共有持分を売却してもよいかな?」と相談がありました。

私たちは、住み続けられればよいと思っており、長男が共有持分を売却する分には問題無いと思っています。

そのように進めて問題は無いのでしょうか、また他に何かいいアドバイスはありますか。

相続によって所有した共有持分を売却するリスクとは

1、共有持分の売却

不動産を共同所有している場合、自己の共有持分のみを売却すること自体はできます。

しかし、売却価格は不動産全体を売却し、頭数で分けた方が、各々の取り分は多くなることがほとんどです。

共有持分を買い受けても使い勝手が悪いためそもそもの価格が安価になりがちです。

どのような人が共有持分を買い受けるかというと、主には投資家が多いです。

投資家たちは共有持分を買取り、実際には使用することなく、他の共有者に対して家賃相当の費用を請求することで、収益を得ようとします。

 

2、共有持分のみを売らなければいけないケース

共有持分はできるだけ、一括で処分(売却)する方がいいといえますが、共有持分を売却した方がいいケースも、もちろんあります。

①話し合いがまとまらない場合

②早急に資金を調達したい場合

主には上記2つの場合は早急に売却を検討した方が良いといえるでしょう。

①の場合は、不動産の売却を意固地になって反対する者がいる場合や、外国や地方同士でなかなか話し合いができる機会がない等が典型例です。

また、話し合いがまとまるのを待ってはいられないような早急に資金が必要な場合は、共有持分のみを売却すべきです。

 

3、共有持分を売却後の法律関係

不動産の共有持分のみを無事売却できたとします。

そうすると買受人と既存の各共有者とで共有関係になります。

 (共有物の使用)

民法249条:「各共有者は、共有物の全部について、その持分に応じた使用をすることができる。」

とあり、各共有者は共有物の全部について使用することができるとありますが、第三者である買受人は不動産を利用することはまずなく、賃料相当の対価の請求をしてくることが考えられます。

それでもかまわない。と思う方もいるかもしれないですが、全く知らない人と共有関係になってしまうだけでなく、仮に買受人が死亡し、相続が発生してしまった場合には、共有持分は相続に細分化され、権利関係がさらに複雑になってしまいます。

権利関係が複雑になってから不動産の全部を売りたい…それはやはり難しいです。

不必要に共有関係を作ることはお勧めできません。

本件の場合は、共有持分を売る必要性はあまりないといえます。

まずは、兄弟間でどのようにするか、またはこのまま共有状態でいるのか、話し合いをする方が良いといえるでしょう。

共有持分の売却査定

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリットとは?

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキングを公開!

みんなが知りたがる“共有持分3つの質問” (いくらで売れる?誰が買う?買ってどうするの?)
共有名義不動産(共有持分)とは?

その他の記事

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有持分の専門家(弁護士)

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お客様相談室お客様相談室

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

無料相談

相談の流れ

相談の流れ

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!