共有不動産を全員の同意なく改築可能?

   

相談事例

マンション

作成日:2016.01.26

共有不動産を全員の同意なく改築可能?

コンテンツ番号:1236


ご相談内容

1年前に亡母から兄弟4人(各持分1/4づつ)が相続した3階建てアパートがあります。このアパートには共有者は誰も住んでいませんが12部屋は貸していて家賃収入があり4人の均等割で賃料収益金を分配しています。しばらくして長期間空き家状態だった1階の1部屋を姉が突然“喫茶店をやる”と言い出し私たちが承諾する前に勝手に工事を始め改装してしまいました。
そして姉は“私は持分を持っているんだから家賃は払わない”と言い張っています。
仕方がないのでしょうか?

ここがポイント
・共有者の一人が承諾なく改装してしまった。
・改装した共有者は1階部分の家賃を払うつもりがない。

解決までの流れ

年上の兄弟姉妹が同意なく勝手に大規模修繕をおこなってしまったケースです。
結論から申し上げますと

同意なくおこなった姉の喫茶店改修工事は違法行為に該当します。
“喫茶店をする為にリフォームするのであしからず”という書面が姉の代理人弁護士から相談者宛に届いたのでご本人も仕方がないと諦めかけていました。
“事前に説明をしてくれればいいのに”が姉には通じません。姉から見たら年下の弟に同意を得る必要がないと考えているからです。

解決までの流れ

勝手に工事を完了して喫茶店もオープンしていることから、姉に損害賠償の請求などはおこなわず、持分比率による賃料を請求し、応じなければ第三者に売却する旨を姉に伝えました。その後、賃料(1階部分)は入ってきましたが、いずれまた早かれ遅かれトラブルが想定されるので不要な争いを避けるためにも所有持分1/4を外国人の個人投資家に売却することになり、いち早く共有状態から脱して解消した事案です。
※書面にて賃料請求→エルピス総合法律事務所の塩谷弁護士に依頼。

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリットとは?

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキングを公開!

みんなが知りたがる“共有持分3つの質問” (いくらで売れる?誰が買う?買ってどうするの?)
共有名義不動産(共有持分)とは?

その他の記事

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!