事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であるとき、又は同一の事実上及び法律上の原因に基づくときは、その数人は、共同訴訟人として訴え、又は訴えられることができる。訴訟の目的で

続きを見る

相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分の相続分を他の相続人や第三者に譲渡することを言います。遺産を早くもらいたい、遺産相続問題に巻き込まれたくないという場合に相続分譲渡

続きを見る

遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がいいとアドバイスを受けましたが、どうしてでしょうか。遺留分を侵害した遺言書を作ると、遺留分を侵害されている法定相続人から遺留分減殺請

続きを見る

持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議により兄弟2人で相続を受け、各不動産については共有持分(2分の1ずつ)として相続登記が完了しました。 しかし、兄から会社の資金繰り

続きを見る

兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝手に自宅を売りに出しています。 このようなことは許されるのでしょうか。 ※また、この売却している自宅の共有持分が兄:弟=1:9の割

続きを見る

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのようにすべきか結論が出ません。「いっそうのこと、相続分の割合で共同相続し、しばらくは共有で、後になって考えようか。」と話していますが、問

続きを見る

中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つでてきました。①遺言書:甲地(評価額9000万円)をABCに相続させ、同様の割合で共有する②遺言書:甲地(評価額9000万円)をA

続きを見る

⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しました。今回は、「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法を見ていきます。第三者的な立場からサポートが可能な不動産仲介業者

続きを見る

⑯共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方

前回は、共有不動産の鑑定評価について解説しました。今回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を見ていきます。司法書士にも「専門分野」がある共有状態を解消した場合には、持分登記の抹消を行

続きを見る

⑮共有不動産の鑑定評価・・・具体的な「3つの方法」とは?

前回は、不動産の共有名義人の一人が「行方不明」の場合の対応について解説しました。今回は、不動産の鑑定方法を見ていきます。客観的な基準に基づいて行われる「鑑定業務」第11回で述べたように、持分を処分する

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑